暑い夏でも相性抜群!定番のものから意外と知らない夏にオススメのコーヒーを紹介!

季節が暖かくなるにつれて、温かいものから冷たいものが飲みたい気分になりませんか?

コーヒーも同じように、冷たいコーヒーは温かいコーヒーとまた違った美味しさが感じられ、一年を通して好みの飲み方で楽しめます。

私も夏はアイスコーヒーを飲むことが多く、それぞれのコーヒーの特徴に合わせて作ります。

今回は夏に向けてどんな冷たいコーヒーの飲み方があるのか、どういった人にオススメなのかを紹介していきます。

コーヒーは暖かい季節との相性がいい?

コーヒー
コーヒー

コーヒーは年中飲まれていますが、実はコーヒーと夏のような暖かい季節は相性がとてもいいのです。

例えば、コーヒーを飲むことで以下のような効果が期待できます。

・夏バテを予防する
・脂肪燃焼効果を高める
・リラックス効果を高める

夏バテや夏太りを予防する効果があるのは、コーヒー好きには嬉しい情報ではないでしょうか。

また、コーヒーを飲んだ後はスッキリできるため、さっぱりしたものが欲しくなる夏には相性がとてもいいのです。

暖かい季節にオススメのコーヒーの飲み方を紹介!

アイスコーヒー
アイスコーヒー

暖かい季節は冬に飲むコーヒーと違って、冷たいコーヒーが欲しくなりませんか?

温かいコーヒーはミルクかお湯で合わせたコーヒーといったシンプルなものが多いですが、冷たいコーヒーは定番のものから意外なものまでたくさんの飲み方があります。

バリスタとして働く以前はシンプルなコーヒーしか知りませんでしたが、実は暖かい季節にオススメしたい美味しいコーヒーがたくさんあるのです。

私がオススメしたい暖かい季節に楽しんでほしいコーヒーを以下に紹介します。

まろやかな牛乳との相性抜群なアイスラテ

アイスラテはエスプレッソを使ったアイスコーヒーでも定番の飲み物で、色々な年代で親しまれています。

牛乳のミルキー感がエスプレッソの苦味を緩和し、牛乳の割合が多いこともあって飲みやすいのが特徴です。

好みでバニラなキャラメルシロップなどをカスタマイズして、自分好みのフレーバー付きアイスラテを作ることもできます。

夏バテの予防対策や慰労回復にも有効で、コーヒーを片手に暖かい季節の気候を楽しむのに最適です。

さっぱりと飲めるブレンドアイスコーヒー

ブラックコーヒーのアイスといえば、スーパーでも「BOSS」「UCC」といったメーカーを目にするブレンドのアイスコーヒーです。

飲んだ後のサッパリ感とコーヒーならではの味を楽しみたい人に親しまれています。

実は日本のアイスコーヒーはクオリティが高いと海外からも人気で、夏の間はカフェでもかなりの量のアイスコーヒーが飲まれているのです。

シロップで甘みを足せばエネルギー補給ができ、ミルクを足してアイスカフェオレにしたりアレンジができます。

眠気覚ましや、シンプルなコーヒーの味でスッキリしたい人にオススメです。

コーヒー本来の味を味わう水出しコーヒー

水出しコーヒーはアイスコーヒーととても似ていますが、お湯を使ってコーヒーを抽出しない分、コーヒーのフルーティーさが凝縮しています

アイスコーヒーほどコーヒー感が強くなく、酸味と甘み、そして苦味のバランスがとてもいいので親しみやすい味です。

もちろんコーヒー豆を使っているので当たり前の例えになるかと思いますが、アイスティーにコーヒー感を加えたイメージです。

「水で作ったコーヒーなんて美味しいのかな?」と感じる人がいるかもしれませんが、アイスコーヒーより苦味が少なく、初めてアイスのブラックコーヒーを試す人にオススメです。

意外な炭酸とコーヒーの組み合わせのエスプレッソトニック

「コーヒー×トニックウォーター」の組み合わせは試したことがないと味のイメージができません。

「そもそもコーヒーと炭酸が合うのか?」と思っている人が大半かと思います。

夏の間に私が一番オススメする飲み方で、柑橘系のコーヒー豆のフレーバーにトニックウォーターの柑橘系のフレーバーがマッチして、とても美味しいです。

さらに炭酸が加わることで、暖かい季節に炭酸と冷たい飲み物で後味がスッキリします。

一番スッキリできるコーヒーはエスプレッソトニックといえるくらいサッパリ感がたまらなく、一度は試してみてほしいコーヒー第一位です。

デザートコーヒーといえばアフォガード

アフォガードを聞いたことがありますか?

簡単に説明すると、「エスプレッソ+アイスクリーム」を掛け合わせたもので、濃厚なコーヒーアイスクリームのような味です。

バニラアイスがコーヒーの苦味をかき消し、ほんのりと苦くも甘いコーヒーのできあがり。
飲むという感覚より食べるという表現が近く、一度食べたら熱い体を冷やしてくれます。

また糖分とコーヒーのカフェインが、体のエネルギーを回復してくれるため夏バテにオススメです。

アルコールを使ったアフォガードは大人の味になって、夜のデザートとしても楽しめます。

夏といえばアイスカフェオレ

アイスカフェオレも冷たいコーヒーでは代表的な飲み物ではないでしょうか。

コーヒーの軽いフレーバーにミルクを混ぜることで、とてもまろやかでコーヒー感を減らすことができます。

「アイスカフェラテとアイスカフェオレはどう違うの?」

と思った人がいるかもしれませんが、簡単に説明すると「エスプレッソを使っているカフェラテ」「ブレンドコーヒーを使っているカフェオレ」と作り方が違います。生まれの発祥地が違うこともありますが、作り方の説明を簡潔にまとめるとエスプレッソかブレンドコーヒーかに「なります。

アイスカフェラテよりカフェインの量が多く、より早く目覚めたい人や疲労回復したい人にオススメです。

夏でもホットなブラックコーヒー

夏なのにホットのブレンドコーヒー!?と感じる人がいるかもしれませんが、一番シンプルでスッキリできるのはやっぱりブレントコーヒーかと思います。

コーヒーには体を冷やす効果があるため、冷たいコーヒーでなくても暑い季節にはぴったりです。

冷たいコーヒーと温かいコーヒーでは味も変わってくるため、気温に関係なく、その日の気分で変えてみても良いでしょう。

ブラックコーヒーであれば飲んだ後にスッキリ感を与えてくれるため、暖かい季節にもぴったりのコーヒーです。

家でも本格的かつ簡単に作れるアイスコーヒーを紹介!

アイスラテ
アイスラテ

「家だとカフェのような本格的なコーヒーは作るのは難しそう」
「本格的なコーヒーは買うしかない」

と思ったことはありませんか?

実は器具さえあれば簡単にアイスコーヒーを家で作ることができます

今回は簡単に作れるアイスコーヒーを2つ紹介します。

ズボラでも簡単!水出しコーヒー

水出しコーヒーはスキルがなくても誰でも簡単に作ることができます。

用意するものは「フレンチプレス」もしくは「ティーパック」です。他にもエアロプレスを使った方法などありますが、今回は一番簡単な方法をお伝えします。

基本の作り方は以下の3ステップです。

1: コーヒーを粗めに挽いて容器に入れる
2: 水を注いだら冷蔵庫に入れて、約24時間かけてコーヒーの味を抽出させる
3: コーヒー粉を取り除いて完成

カップ麺くらい簡単にできて、味は本格的なので家で手軽に楽しめるオススメのコーヒーです。

少しレベルアップ!ペーパーフィルターで作るアイスコーヒー

ペーパーを使ったハンドドリップでコーヒーを作る方法もあります。

どの抽出方法にするかによってレシピが異なりますが、エアロプレスやV6、Karitaが一般的です。

作り方は、ホットコーヒーの抽出方法と同じですが、コーヒー豆の量とお湯の量の割合が異なります

今回はいつも私が試しているLIGHT UP COFFEE代表の川野さんのレシピを紹介します。

コーヒー豆:20g 細挽き
お湯:150ml 90度以上
氷:4-6個くらい
時間:蒸らし30秒 合計2分

川野優馬note

濃く抽出するために少し多めのコーヒー豆20gを使用し、細かめに挽きます。
氷、お湯、スプーン、スケール、タイマーを用意して抽出スタート!
蒸らし→スプーンで粉を混ぜる→お湯を2分かけてゆっくり注ぐ。この流れで抽出していきます。

詳しい抽出方法はぜひ川野さんのレシピを参考にしてみてください▼

コーヒー器具さえあれば、本格的なアイスコーヒーが楽しめて、コーヒーがさらに好きになること間違いなしです。

夏もコーヒーを楽しもう!

アイスコーヒーは暖かい季節にぴったりで、気分や体調に合わせて色々なコーヒーの飲み方が楽しめます。

今回紹介した中には試したことがない飲み方を発見した人がいるのではないでしょうか。

コーヒー好きの人であれば、ぜひ知らなかった飲み方を試してさらに自分好みのコーヒーを見つけてもらえたらと思います。

寒い季節に飲むコーヒーとはまた違ったアイスならではの飲み方で、コーヒーを楽しみましょう!

この記事を書いた人

かわもん

ニュージーランド在住のバリスタライター。
コーヒーと山と自然が生活の基盤です。