風情を感じる街「犬山」食べ歩きグルメスポットを紹介!インスタ映えするお肉やスイーツまで

名古屋駅からも電車で一本、気軽に行きやすい街、犬山。国宝の「犬山城」や、テーマパークの「モンキーパーク」「リトルワールド」「明治村」が人気です。

その中でもオススメなのが、犬山駅から犬山城までの城下町の食べ歩きスポットです。

風情ある古民家が立ち並び、情緒あふれる景色の中、美味しいものを食べてゆっくり散策すると、お腹も満たされ心も満たされます。

当記事ではガッツリお肉系から別腹スイーツまでの幅広いグルメの他、着物レンタルや昭和横丁といった複合施設まで幅広く紹介していきます。

犬山城下町
引用元:犬山観光情報より「犬山城下町」

犬山の食べ歩きスポットってどんなところ?

犬山駅から歩いて約10分、「本町」という交差点から犬山城へ約750mの道が「犬山城城下町食べ歩きのスポット」になっています。

本町交差点から犬山城とその側の神社に向かってメインの通りである本町通り沿いを往復すると、ちょうど良い距離の散策コース。通りには沢山の飲食店が並び、賑わっています。

食べ歩きにおすすめの店舗8選

1.ほっこり懐かしい味わい「味噌田楽」

犬山城すぐ近く、城の目の前にある『さくら茶屋』は、大きな暖簾と木の温かみのある店構えです。こぢんまりとしていますが、どこか懐かしく温かい雰囲気です。

王道メニューはなんといっても「豆腐田楽」。店の軒先で焼いていて、ふっくら焼き上げたお豆腐に、たっぷり塗ったミソの香ばしい香りが風に乗って、近くを通る人をお店へ誘います。

愛知県といえば赤ミソを使っている事が特徴です。山椒をかけて更に風味も足して楽しむのもオススメ。豆腐田楽はお持ち帰りができないので、ぜひお店で熱々をいただいて行きましょう!

豆腐以外にもこんにゃくを使ったこんにゃく田楽や、里芋を使った里芋田楽があります。

豆腐田楽
豆腐田楽

〇田楽 1本100円・6本500円(店外価格と店内価格が異なる場合があります)

2.優しい味のお漬物との相性ばっちり!「香ばし醤油おこげ串」

醤油おこげ串は、愛知県の扶桑市にある守口漬けの壽俵屋(じゅひょうや)が『壽俵屋犬山井上邸』として出しているお店でいただくことができます。

「守口漬け」はこの地方で古くからある独特な漬物で、とてつもなく細長い大根を酒粕に漬けた少し珍しいお漬物です。

「醤油おこげ串」は一口焼きおにぎりとお漬物を串に刺したものです。

醤油おこげ串
醤油おこげ串with明太子マヨネーズ 280円

串だんごスタイルで楽しむ醤油おこげ串は、オーダーしてから表面を1本1本焼き上げます。

アツアツでいただく焼きおにぎりは、外はカリッとして香ばしく、中はもちもちで醤油の風味がたまりません。

アクセントのお漬物はそれぞれ守口漬と奈良漬で、贅沢に二つの味を楽しめます。このお漬物は、焼きおにぎりとの相性はバッチリなのですが、お酒のおつまみにも合うこと間違いなし!

おこげ串は冷めても美味しいので、お土産にもオススメです。

おにぎりは通常は丸い型のものですが、稀にハート型に当たることがあります!当たると恋愛運が上昇するとのこと笑

ハート型のおこげ串
ハート型の醤油おこげ串

〇醤油おこげ串170円、醤油おこげ串with明太子マヨネーズ280円(テイクアウト価格)

3.牛?たこ?ちょっと変わった「たこ焼き」

『うし若丸』は本町通り沿いに3店舗を展開するたこ焼き屋です。「牛たこ焼き」は愛知県のお隣、岐阜県のブランド牛『飛騨牛』を使った贅沢なたこ焼きです。『うし若丸』で1番の人気メニューは牛たこ焼きと普通のたこ焼きの組み合わせの「ハーフ&ハーフ」。

ソースは、オリジナルのトロリとした「しょうが醤油あんかけがかかっており、飛騨牛入りのたこ焼きと相性抜群!   

本当にたこ焼き一つ一つがかなり大きく食べ応え抜群ですが、あまりの美味しさにペロリと平らげてしまうこと間違いなし!   

とても熱々で大きなたこ焼きなので、口の中をヤケドしないように気をつけて頬張ってください。

『うし若丸』では店舗ごとに、たこ焼き以外の商品も取り扱っています。その中でも、ガッツリ分厚いお肉が串に刺さった「牛串」もオススメです。色々な部位からお好きな部位を注文できます。

牛たこハーフ&ハーフ
牛たこハーフ&ハーフ

〇ハーフ&ハーフたこ焼き600円(飛騨牛たこ焼き4個・北海道たこ焼き4個入り)、北海道たこ焼き550円(8個入り)、飛騨牛たこ焼550円(6個入り)700円(8個入り)、飛騨牛串800円   

4.とってもとろりとジューシーな「肉寿司」

食べ歩きの中でも超贅沢なお肉のお寿司。

『肉工房 美乃家』は肉の卸を行う会社の直営店です。卸をしている肉のプロが目利きをするからこその厳選部位を使用した「特選牛とろ握り」はなんと2貫で1,000円。

お肉はとても肉厚でジューシー、程よく柔らかく、しっかりとお肉の味を感じられ、確実に1,000円以上の満足感が得られます!

プチっと弾ける、わさびのジェルボールもオシャレです。割れると辛味とほんのりとしたいい香りが鼻を抜けます。

お肉屋さんのコロッケや牛串もあって、まさにお肉尽くし!分厚くてボリューミーな牛串は、肉食系の方は、絶対に外せません

特選牛とろ握り
特選牛とろ握り

〇特選牛とろ握り2貫1000円、飛騨牛A5サーロイン握り2貫1500円、飛騨牛イチボステーキ串1000円、飛騨牛ランプステーキ串1000円、黒毛和牛カルビ串500円、黒毛和牛赤身串500円

5.グルテンフリーな「バームクーヘン」

米農家が営む『ココトモファーム』のバウムクーヘンは地元の犬山でとれたお米を使った、米粉100%のグルテンフリーなスイーツお米へのこだわりと愛が伝わる商品ラインナップです。

バウムクーヘンは白米、玄米から選ぶことができ、同じ商品でも白米と玄米で異なる味わいを楽しめます。色々試したくなりますね!

小さなバウムクーヘンが串に刺さった「縁バウム」は甘さ控えめで軽めな食感。特に見た目も可愛く、お土産にもピッタリ。賞味期限は約2週間です。

期間限定の商品は完売が早いとのことなので是非ゲットしましょう。

米粉バームクーヘン
米粉バームクーヘン

〇縁バウム500円、縁バウム期間限定600円

ココトモファームのバームクーヘンが食べられるのは、本町通り沿いの「犬山城三之丸店」「犬山城下町ぷらざ店」の2店舗。

ココトモファーム犬山城三之丸店では城下町を訪れる方に無料で休憩できるエリアが併設されています。日本家屋の優雅で立派な門構えが目印です。

休憩だけで立ち寄っても、現代と過去を混ぜ合わせたような不思議な空間の中で、情緒を感じながら楽しめます。

6.犬山だけにイヌ!可愛い柴犬がデザインされた「だんごブラザーズ」

『むすび茶屋』「みたらし柴だんご(だんごブラザーズ)」は、小さな手のひらサイズのお団子に柴犬が可愛くデザインされています。お尻がフリフリでとってもキュート笑 きなこ、みたらし、あんこの3種類の味が楽しめます。

お団子はモッチモチで、特にみたらしの甘じょっぱいタレが最高。
また、テイクアウト用のお団子は器がハート型のモナカになっているとのこと。

『むすび茶屋』の人気ドリンク「姫ソーダ」はラズベリーの赤いシロップに炭酸の爽やかさを感じられるさっぱりとしたドリンク。ハート型の赤い氷が乗っていて見た目も可愛いく写真映えもバッチリ!

さらにさらに!オススメのスイーツ「抹茶の和風ティラミス」は、マスカルポーネチーズをふんだんに使用し、トロトロでなめらかなティラミスです(1日20個限定)お持ち帰りができないイートイン限定商品なので、店内で頂いていきましょう。

〇姫ソーダ580円、抹茶の和風ティラミス680円、だんごブラザーズ660円

店内はフリーWi-Fiが利用でき、イートインのカウンターテーブルには充電用の電源を用意するなど城下町散策の休憩スポットにもぴったりでとても居心地の良い空間

店舗入口の物販スペースでは、犬山のお土産にも最適なオリジナル商品や、おしゃれな和雑貨もたくさん取り揃えられています。

店舗は、本町通りの中ほどにあり、ピンクと抹茶色の可愛いのれんが目印です。

7.色鮮やかな「恋小町だんご」

『茶屋くらや』「恋小町だんご」は犬山城下町食べ歩きの火付け役となったスイーツです。

見た目の可愛さだけではなく素材にもこだわりがあり、1年間じっくり熟成させた米粉を使用しています。
そのため、モッチリの極み。モッチモチです。

こし餡もこだわりがあっていんげん豆を中心に生餡を作り、果物の果肉やピューレを合わせて色鮮やかさを表現しているそうです。

このフルーツあんは季節によって変わるので、1年を通して何度も食べたいお団子
恋小町団子はお持ち帰りのパッケージはなく、簡易お皿で提供されます。その場でいただいていきましょう。

〇恋小町だんご1本150円~セット価格~600円

8.風吹き抜ける「1st TERRACE INUYAMA 」

犬山城の最も近くに位置するカフェ『1st TERRACE INUYAMA』
広いスペースに開放的なテラス席があり、そこから眺める犬山城はとても壮大に感じます。

1st TERRACE INUYAMAは新鮮フルーツを使ったワッフルやパフェのスイーツメニューがとても人気。犬山城に見立てた「犬山プリンパフェ」果肉たっぷり、とろけるプリンが甘くマッチして美味しく頂けます。

夜の時間帯はBARとして営業もしておりワイン、ハイボール、焼酎などたくさんのアルコールメニューが用意されているので、お酒を飲んで楽しみたい大人の方には遅めの時間帯もオススメです。

また、犬山お土産シリーズとして、犬山プリンや犬山タルト、犬山スイートポテトなどもいずれ販売される予定とのことです。

犬山プリンパフェ
犬山プリンパフェ

〇犬山プリンパフェ1200円

食べ歩き以外の魅力を紹介!

犬山の城下町には食べ歩き以外の魅力も沢山つまっています。

上記で紹介してきたハートにちなんだデザインが多いのは、犬山城のふもとにある三光稲荷神社が縁結びとして知られているからです。

カップルのデートとしても楽しめる犬山。食べ歩きだけではない魅力を紹介していきます。

タイムスリップした気分で楽しむ「着物レンタル」

『犬山日和』さんは着物と浴衣のレンタル専門店。
シーズンごとに新作が入荷するほか、小物も豊富に揃っており、多彩なアイテムの組み合わせを楽しめます。

老舗の貸衣装店が母体なので、着付けの技術はもちろん、メンテナンスもしっかりしていて安心。

また、人気観光スポットでプロカメラマンが撮影してくれる「フォトプラン」は、時間とコースが選べ、価格帯もリーズナブルでオススメです。

『犬山小町』さんは「カップルコース」もあり男性も気軽に楽しめます。デートで犬山に来たカップルはぜひチャレンジしてみてください!

着物レンタルのお店は、他にも何件かあるのですが、どの店舗もとても人気ですぐに予約で埋まってしまうため、早めの時間から押さえておくと良いでしょう。

犬山小町
犬山小町

「射的や昭和レトロゲーム」

『ひみつきち』さんでは大人も子供も楽しく遊べるお店。

射的やインベーダーゲームと童心にかえって夢中で遊べます。

まさに子供の頃のワクワク、ドキドキを思い出す秘密基地のようなお店です。カップルだけではなくファミリーで訪れるのも楽しめること間違いなし。

夏祭りの縁日のような気分を味わえます。

「縁結びパワースポット」

三光稲荷神社は犬山城の麓に位置する神社で、犬山城下町の人気観光スポットの1つです。境内にある「銭洗池」では、お金を洗うと何倍にもなって帰ってくるという言い伝えがあり、金運を上げたい方にオススメです。鳥居が連なっている様子は伏見稲荷大社のようで、とっても素敵ですよね。

三光稲荷神社のもう1つの特徴は、このハート型の絵馬です。縁結びのご利益もあるこちらの神社には、連日恋愛祈願をする女性やカップルが訪れています。インスタでも可愛いと話題でたくさんの人が写真をアップしています

まず初めに、この神社を目指してお参りをした後に、ゆっくりと城下町の食べ歩きをするのもオススメの順路です。

三光稲荷神社
引用元:犬山観光情報より「三光稲荷神社」

「どんでん館」

どんでん館では、伝統のお祭りである「犬山祭」で実際に使用される車山(だし)が展示されています。2階には犬山祭についての展示などもあり、その様子を見ることができます。

車山は高さが8mもあり、漆塗りや金箔で装飾された豪華絢爛な様子はまさに圧巻。実際のお祭りの雰囲気を味わえるよう夕焼け夕焼けの演出もあるそうです。

入場料も100円(中学生以下無料)なので手軽に訪れることができます。

どんでん館
どんでん館

愛知北FM

本町通りの中央あたりにはラジオブースがあります。愛知北FMが2016年に古民家をリフォームしてOPENしたとのこと。

こちらのブースはガラス張りでオープンブースになっており、番組放送中はオンエア中のスタジオの模様を自由に観覧することができます。

運が良ければ番組終わりにパーソナリティの方がスタジオの外に出てくるので、タイミングがよければ直接お話しするチャンスも!!

放送はスマホでも視聴できますので、観光終わりの車や電車の中で聴くいたりするのもオススメです。

ラジオブース
ラジオブース

「森のマルシェ」

本町通りのちょうど中間地点に、店舗と休憩所が一体になった「森のマルシェ」という複合施設があります。

1階には飲食店が入っており、2階は全てオープンテラスの休憩スペース、充電設備も完備されています。ペットも一緒に利用できるのも嬉しいポイント。食べ歩きの休憩をするには最適の場所です。特に天気がいい日は、最高に気持ちが良い休憩施設ですよ。

この場所以外にも途中で休める場所が幾つも用意されていますので、休みながらゆっくり進みましょう。

「昭和横丁」

昭和の映画に出てきそうな見た目の「昭和横丁」は、10店舗以上のお店が集まった総合施設です。入り口は狭いですが、奥行きはなんと80mも続いています。

昭和横丁は城下町に出店している店舗は、城下町から人が引き上げてしまう16時以降も営業されているお店もあり、特にお酒を飲む方にはオススメです。

中に入って行くと通路の途中には犬山市のマスコットキャラクターがご神体になってる「わん丸君神社」があり、手前にはカラフルで可愛い絵馬も飾ってありました。

一番奥にはフードコートエリアがあります。そこには、小さなステージがあり週末はライブなどのイベントが行われています。

昭和を感じさせるポスターや郵便ポストに黒電話など、レトロなオブジェが様々並んでいてどこか懐かしさを思い起こさせます。

磯部亭

『磯部亭』江戸期の建築様式を持つ木造家屋のギャラリーです。

磯部亭は古い商家で呉服屋を営んでいたとのこと。建物だけではなく家具や調度品なども綺麗な状態で保存されており、当時の町民の暮らしぶりがよく解ります。

母屋の他に、裏座敷、土蔵奥土蔵など複数の見どころがあり、中でお茶を楽しむこともできます

また、磯部亭の二階では「投扇興(とうせんきょう)」をイベントとして定期的に開催されています。

昔の人のお座敷遊びを体験できるので是非挑戦してみてください。

磯部亭で開催されている投扇興
磯部亭で開催されている投扇興

食べ歩きをする時の必需品&注意点

食べ歩きをする場合はウェットティッシュやハンカチは必須アイテム。ポイ捨ては厳禁です。
備え付けのごみ箱を利用しましょう。

また、暑いに日は日焼け止めや日傘があると便利です。

土日にはかなり混雑しますので早めの時間帯から行くことをオススメします。 
混雑している場合は、お手洗いや休憩所も混んでいる場合があります。無理のないスケジュールでゆっくりと楽しむようにするといいでしょう。

まとめ

お肉からスイーツまで色々なグルメが食べ歩きしながら楽しめる犬山。

来たことのない方もこの機会に一度犬山に来てみてはいかがでしょうか。

※記事内の商品価格は全て税込みです。掲載内容は、訪問当時・取材当時の状況になります。

この記事を書いた人

猫犬

岐阜県在住。地元ネタを中心に発信。夢はスペイン(マドリード)へ移住し自分の店(バル)を持つ事。英語とスペイン語をもう勉強中!